むし歯治療

ホーム>むし歯治療
むし歯治療への配慮
最小の侵襲(MI )を基本とした治療をおこなっています

当院では、患者様の天然の歯を出来るだけ残す事ができるように、また、患者様への負担が出来るだけ軽くなるように、最小の侵襲(MI = Minimal Intervension)を基本としたむし歯治療を行っています。

できるだけ痛くなく、できるだけ削らない負担の少ない治療

感染した歯質、いわゆるむし歯の部分を、最小限で取り除き、代替材料で修復します。治療の際には、できるだけ痛くないように、電動麻酔注射器を使用する、素早い治療ができるよう、拡大鏡を使用するなど、あらゆる角度から、患者様の負担軽減を意識して治療にあたっています。 = Minimal Intervension)を基本としたむし歯治療を行っています。

電動麻酔注射器 〜できるだけ痛くない麻酔のために〜

2.5倍に拡大できるマイクロスコープ(ウチヤマスコープ)です。細部までしっかり見て診察・治療を行うことができます。また、装着していても両手が空くため、治療時間の短縮ができ、患者様の負担軽減につながります。

電動麻酔注射器 〜できるだけ痛くない麻酔のために〜
患者様の大切な歯を守るために

むし歯になったからといってすぐに削ったり、かぶせものをしたり、神経を除いたり、歯をぬいてしまうと、その近くにあるしている健康な歯にも、悪い影響がでてしまう場合があります。例えばブリッジ治療の際に、健康な歯を削り、そこからその歯がむし歯になってしまうケースなどが多くあります。むし歯を治そうと治療をしても、むしろ口内環境が悪くなってしまう場合もあるのです。そうして患者様の負担を増やしてしまわないように、当院では細心の注意を払って、丁寧に、できるだけ痛くなく、削らないむし歯治療をおこなっています。

Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved