むし歯治療

ホーム>むし歯治療
むし歯の治療について
むし歯の原因は3つの要素

むし歯は「細菌(ミュータンス菌)」「糖質」「歯の質」の 3つの要素がからみあうことで発生します。細菌(ミュータンス菌)は歯垢となり歯に付着し、糖質(特に砂糖)から酸を作り出します。その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、歯をもろくしてしまいます。これが「むし歯」の状態です。同じような生活をしていても、むし歯になりやすい人・むし歯になりにくい人と差が出る事がありますが、口内の細菌の数の違いや、歯の質の違いが大きく関係していたのです。歯の質は、歯が作られる時の環境の違いなどで個人差があります。特に乳歯や永久歯など、歯が生えたばかりのときはむし歯になりやすいので注意が必要です。

むし歯(細菌, 糖質, 歯の質)
  • 痛みを伴う
    自覚症状がない

  • 冷たい水や風が
    歯にしみる

  • ズキズキと痛む

  • 歯根の先に膿がたまる

  • 歯の表面のエナメル質がむし歯になった状態

  • むし歯が象牙質まで進んだ状態

  • 神経の近くにまでむし歯が侵食した状態

  • 最終的には根や根の周りにも影響がでます

進行過程表をみてもわかるように、痛くなくなったからといってむし歯を放置していると、大切な歯を失うことになってしまいます。むし歯かな?と思ったら早めに歯科医院を受診しましょう。

むし歯の原因は3つの要素
詰め物・被せものをする前に丁寧にむし歯を除去します

神経をとって詰め物・被せ物をする必要があるむし歯の場合、根管(歯の根の部分)をしっかり綺麗にしないと、後々、むし歯の再発・詰め物や被せ物が取れるなどのトラブルにつながります。
根管治療とは歯の根の中の治療をさします。むし歯が進行すると根管までむし歯菌におかされてしまうので、むし歯菌に汚染された部分(神経や血管)を取り除き、薬を充填してかぶせ物をすることで、新たに歯を機能させます。土台がしっかりしていないと歯は長持ちしません。詰め物や被せ物をしてしまえば見えない部分ですが、根幹の治療はとても大切です。

  • 洗浄・消毒

  • 薬を充填

  • かぶせ物を装着

  • むし歯菌に汚染された根管の洗浄と消毒をします。

  • 根管内に専用の薬剤を充填してから蓋をします。

  • かぶせ物を装着すれば、治療は完了です。

Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved