むし歯治療

ホーム>審美歯科
セラミックについて

当院では審美歯科の治療に、セラミックを使用しています。セラミックと、生体親和性の高い金属を使用した方法や、セラミックのみを使用した方法など、様々なライン・アップがございます。ここではその一部をご紹介いたします。

セラミックの種類

当院では審美歯科の治療に、セラミックを使用しています。セラミックと、生体親和性の高い金属を使用した方法や、セラミックのみを使用した方法など、様々なライン・アップがございます。ここではその一部をご紹介いたします。

オールセラミック
オールセラミック

金属の裏打ちがないため、ファイバーポストと合わせると、透明性は抜群です。

メタルボンド
メタルボンド

いわゆる「陶歯」「せと歯」です。強度がエナメル質に近く、変色しないのが利点です。金属の裏打ちにセラミックが焼き付けてある補綴物で、焼き付けるセラミック素材に、ポーセレンという種類の美しいセラミックを使用したもののご用意もあります。

ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドとは、セラミックとレジンを混ぜた素材で作られた素材です。オールセラミックよりもやわらかく、周囲の歯に負担をかけにくい利点があります。しかし一方で発色や耐久性は多少劣ります。年数がたつとしだいに変色してしまいます。

ラミネートベニア
ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り、セラミックの薄い被せ物をネイルのように貼付ける方法です。歯を削る量を少なく抑えることができるため歯への負担が少ないのが特徴です。前歯の隙間や生まれつきの歯の着色等の治療に効果的です。

なぜ審美歯科治療が必要なのか
最短1日で白い歯が手に入ります

白くてきれいな歯にしたいけれど、治療に何度も通えない方などに、セレックシステムがオススメです。セレックシステムは、セラミックのブロックをコンピュータ制御で削り出すことができ、最短1日で白い歯を手にいれることが可能です。

なぜ審美歯科治療が必要なのか
こんな方におすすめです
  • 白い歯に、したいけれど治療に何度も行けない。
  • 黄ばんだ歯を白くてきれいな歯にしたい。
  • 銀歯を自然な白さの歯に変えたい。
  • 金属アレルギーなのに金属の詰め物・被せ物がある。
  • 治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい。
  • どうせなら高精度な治療をしたい。
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved