インプラント

ホーム>インプラント
他の治療との比較

インプラントは、歯を失った場合に有効な治療方法の1つです。歯を失ってしまった時には、人工の歯を入れて、歯の機能を回復させることが必要です。部分的に歯を失ってしまった場合には、インプラント・ブリッジ・部分入れ歯といった治療方法があります。ブリッジや部分入れ歯は、隣り合う健康な歯をも失ってしまうリスクがある治療方法です。隣の歯を削ったり、留め金を引っ掛けるといった処置が必要になるため、隣り合う歯に負担がかかってしまうのです。一方でインプラント治療は、骨に人工の土台をうめて人工の歯を作るので隣接する歯に頼ることなく、失った歯の機能を回復することができます。そのため、長期的に見るとより多くの自分の歯を残すことが可能になる治療であると考えられています。
ただ、インプラントにもメリットばかりではなく、デメリットもいくつかあります。外科的な処置が必要であったり、治療期間が比較的長かったり(骨とインプラントの結合を待つ期間が必要です)します。当院では、一概にインプラントをおすすめするのではなく、患者様の状況やお気持ちなど、様々な要素を考慮した上で、選択肢の一つとしてインプラント治療をご提案し、ご検討頂いています。

インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較
インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の比較
インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適用 なし あり あり
メリット
  • ・自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
  • ・天然歯自分の歯と同じようにきれいで美しい。
  • ・周りの歯を傷つけない。残った歯への影響が少ないため自分の歯を多く残せる。顎の骨がやせるのを防げる効果がある。
  • ・固定式なのであまり違和感がない。
  • ・セラミックを使えば天然歯のようにキレイ。
  • ・治療が短期間。
  • ・比較的治療が簡単で短期間。
  • ・通常の入れ歯の材質・方法なら治療費が安い。
デメリット
  • ・1日の簡単な手術が必要。
  • ・比較したとき治療費が高い。
  • ・骨への定着期間を入れると治療期間が長い。
  • ・両隣の健康な歯を削らなければならない。発音に問題が発生する場合あり。
  • ・支えになる歯に大きな力の負担がかかる。抜けた歯の骨が痩せる場合がある。
  • ・ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
  • ・噛み心地が悪く、硬いものをたべにくい場合が多い。
  • ・食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。
  • ・ガタツキがあり違和感を感じる。顎の骨が痩せる場合が多い。
  • ・留め金が見えて見た目がよくない。
期間 1ヵ月半〜2ヵ月半 半年〜1年 1ヵ月半〜2ヵ月半
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved