インプラント

ホーム>インプラント
HAインプラント

インプラントには様々な種類があります。当院ではその中でも、HAインプラントと呼ばれる種類のインプラントを主に使用しています。HAインプラントは、表面にHA皮膜(骨と同じ成分であるハイドロキシアパタイトの被膜)をもっており、骨に付くのが早いといったメリットがあります。また、歯が抜けてしばらくたってしまい、歯が抜けた部分の骨が吸収されて無くなりかけている方の場合にも、新しい骨ができるのを誘導してくれるといったメリットもあります。

当院では「μ-ONE HAインプラント」「AQBインプラント」を採用しています

補綴物(人工歯), 歯肉, 人工歯根(AQBインプラント), あごの骨当院では多くのインプラントメーカーの中からµ-oneHAインプラントとAQBインプラントを採用しています。双方ともに純チタンの表面に特許技術で骨と同じ成分であるハイドロキシアパタイトの被膜をもっているもので、新生骨の誘導、生成促進を促し、直接骨と接合する優れた生体親和性を持っています。

µ-ONE HAインプラント

µ-ONE HA IMPLANT µ-ONE HAインプラント(ミューワンエイチエーインプラント)は、山八歯材工業株式会社による国産のHAコーティングのインプラントです。HAの優れた骨伝導能によって、骨新生が早く、しっかりと骨と結合します。骨と結合した後、HA膜は徐々に骨に吸収されて、最終的にはチタンと骨をしっかりと接合するという仕組みです。HA膜の厚さは1~2µmほどで、ごく薄く均一な膜であるため、破壊や剥離による不具合が生じにくく、また膜が薄いので埋入しやすくなっています。サイズ展開が充実してきたことにより、沢山の方に使っていただけるようになりました。

AQBインプラント

AQB IMPLANT SYSTEM Advanced Quick Bonding HAコーティングのインプラントで、一部の歯科医の間では骨造成に最も向いてるインプラントとの声もあるインプラントです。
HA膜が比較的厚く歯周病多少弱いという弱点はあるものの、他社製と比べ、結合までのスピード、骨造成のスピードが早いといわれています。

AH系インプラントのメリット
治療期間の短縮
ハイドロキシアパタイトコーティングにより人工歯根の埋入から実際にものが噛めるまで、2ヶ月ほどの治療期間ですみます。
手術は1回のみ
ほとんどのケースが1ピース1回法により1回の手術で済み、心身の負担及び手術費用が軽減されます。
矢印マークがインプラントした歯です。 矢印マークがインプラントした歯です。
インプラント治療後のレントゲン写真 インプラント治療後のレントゲン写真
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved