歯列矯正

ホーム>歯列矯正
表側矯正

表側矯正とは、歯の表側にブラケットを付け、ワイヤーで行う矯正治療です。古くからある一般的な矯正方法で、ブラケットには金属やセラミック、プラスチックなどさまざまな種類があります。当院では基本的に、白色で美しく、目立ちにくいセラミックブラケットや、白いワイヤーを使用しています。

表側矯正の特徴
様々な症例に対応可能な矯正です

表側矯正で使うブラケット装置は、ブラケットという小さな装置を、歯の一つひとつに接着させて、そこにワイヤーを通し、歯並びを整えていく装置です。歯の一つひとつに、臨機応変にブラケットを接着することができるため、自由度がとても高く、ほとんどの症例に対応できます。そのため多くの矯正歯科医院で、昔から広く使用されている方法です。現在では、 歯科用接着技術の発達によって、ダイレクトボンディング法(歯の表面に直接ブラケットを接着させる方法)が主流となってきており、歯の移動のコントロールがよりしやすくなりました。

白く美しい矯正装置「InVu」を導入しています
歯になじむ白色の矯正装置です

「InVu(インビュー)」は、ティーピー・オーソドンテックス・ジャパン(TPOJ)製のセラミック素材の白いブラケットとワイヤーを使用した、日本人の歯にとてもよくなじむ矯正装置です。
患者様に『きれいな装置で、ポジティブに矯正治療をうけてほしい』という願いから生み出されたこの装置は「金属の矯正装置は目立つから」と矯正治療をためらっている方にもおすすめの装置です。

当院のラビアル矯正のメリット
  • 様々な症例に対応可能
  • 「InVu」は白色でとても目立ちにくい
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved