歯列矯正

ホーム>歯列矯正
部分矯正

歯並びが悪い一部分の歯に矯正装置を付けて、歯並びやかみ合わせを改善する方法が部分矯正(MTM)です。部分矯正は、一般的な矯正治療(歯全体に行うもの)と比較すると、違和感がちいさかったり、費用を安く抑えることができたりします。ただ、上下でしっかりと噛み合せを作るような矯正治療を行うことは、前歯のでこぼこをきれいにする治療や、歯と歯の間の隙間を閉じる治療など、かみ合わせに大きな影響を与えないような治療に主に適用されます。

部分矯正(MTM:マイナートゥースムーブメント)の特徴

矯正治療の本来の目的は、単に見た目を美しくするということではなく、噛み合せを整えることで歯の本来の機能を開腹するという点にあります。ですから気になる所が部分的でも、全体的に治療をする必要が出る場合も多いです。ただ、症例によっては、歯の機能を維持したまま、部分的に短期間で、比較的ローコストで治療が可能な場合もあります。そんな時に適用できるのが部分矯正(MTM:マイナートゥースムーブメント)です。

部分矯正(MTM)ではその名の通り、動かす歯を数本に限定して矯正治療を行います。通常の矯正は多数の歯を動かすので、2~3年は治療にかかるのが一般的とされていますが、部分矯正では動かす歯を数本に限定するため、より短期間で矯正が完了します。インプラントなどの補綴処置を組み合わせれば、半年程度で症状を改善できます。

  1. 歯根しかない歯を引っ張り出すため、両隣の歯に矯正装置のワイヤーをかける。
    歯根にフック状のワイヤーを付け、ゴムの力をつかって引っ張り上げます。

  2. 1~3ヶ月たち、歯根が歯肉のライン上まで出てきたら、周辺の歯肉および歯槽骨を修正します。
    (あともどりをふせぐための歯周外科処置)

  3. 約2~3ヶ月たち、歯肉の状態が回復したら、矯正は完了です。補綴物を入れる治療を開始できます。

傾いた歯を起こす(アップライト)による治療例

歯を失ったまま放置すると、隣の歯が傾いてしまいます。そういった場合、インプラント等の治療を行いたくても、そのためのスペースがあいていないため、スペースを作る必要があります。治療前の処置として、部分矯正が活用できます。

  1. 傾いた歯を起こす(アップライト)による治療例1 大臼歯の奥にミニインプラントを埋め込んで、矯正装置を用いて、大臼歯を起こします。傾いていた大臼歯が起き、スペースができました。
  2. 傾いた歯を起こす(アップライト)による治療例2 MTMによってできたスペースにインプラントなどの治療を行うことができます。
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved