予防歯科

ホーム>予防歯科
定期メインテナンスを

歯科医院は歯が痛くなってから行く場所だと思っていませんか?歯は、むし歯治療などで一度けずってしまうと、二度ともとにはもどりません。治療のためには何度も歯科医院へ通う必要もあります。歯が痛んでから歯医者さんに行くのではなく、日ごろから予防歯科を意識して、定期的に歯科医院で「メインテナンス」を受けることで、むし歯や歯周病のリスクを早期発見することができ、本格的な治療が必要になる前にケアしていくことができます。

大切な歯を守るために「定期メインテナンス」が効果的です

予防歯科先進国のスウェーデンでは、多くの人が80歳になったときにも、若いときとほとんどかわらない20本程度の歯の本数を維持しています。これには、「予防歯科」の考え方が一般化していて、子どもの頃から歯の健康に気を使って定期的に検診を受けることが習慣化しているという背景があります。その一方で、日本での80歳時の残存歯数は10本未満になってしまっています。また予防歯科に取り組んでいる人の割合はわずか2%ほどにとどまっており、歯科先進国と比較すると、どちらもとても少ない数値です。

先進国の70歳の残存歯数, 各国の定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合
大切な歯を守るために「定期メインテナンス」が効果的です
歯ブラシだけのケアを続けた人と、歯科医院の定期メンテナンスでクリーニングを受けてきた人を比較すると、残存歯数に大きな差がうまれることがわかっています。定期メインテナンスを受けていると、むし歯や歯周病になる前に、注意深く、細かくお口の状態を検査しておくことができるので、例えばむし歯になりやすい部分をよく観察しておくなど、患者様それぞれにあった予防計画を立てて、むし歯や歯周病を未然に防ぐことが可能です。
歯を失う原因のほとんどは、むし歯か歯周病です。むし歯で一本でも歯を削ったり詰め物をしたりすると、治療した部分からむし歯が再発してしまいやすく、治療を繰り返し、最終的に抜歯することになってしまう場合もあります。そういった悪循環に陥ることを防ぐためにも、歯科医院での定期メインテナンスを受けて予防歯科につとめることをおすすめします。
年代ごとに残っている歯の本数
プロフェッショナルケアとセルフケア
予防歯科には、歯科医院の定期検査などで行う「プロフェッショナルケア」と、医院の指導のもとご自宅で行っていただける「セルフケア」があります。どちらか一方だけではなく、どちらともをしっかりとつづけることによって、高い予防効果が得られます。
プロフェッショナルケア
ブラッシング指導
ブラッシング指導

正しいブラッシングの方法は人により様々です。当院では、担当衛生士が、患者様お一人おひとりの歯並びの違いやかみ合わせの違いに合わせ、適切な歯のみがき方、歯ブラシの選び方をお教えします。是非ご自宅での毎日のセルフケアの参考になさってください。

PMTC

「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナルメカニカル トゥース クリーニング)」の略称で、歯科医師や歯科衛生士による徹底的な歯面の清掃のことです。ゴム製のチップや、やわらかい毛のブラシを使用するため歯や歯茎をいためることもなく安心です。定期的に受けていただくことで、むし歯や歯周病を高確率で予防することができます。他にも、歯周病の悪化を食い止めたり、歯を白く綺麗にしたり、口臭の予防になるといったメリットもあります。

詳しく見る
セルフケア
フッ素配合の歯みがき剤を使う
フッ素配合の歯みがき剤を使う

歯科医院で受けた歯みがき指導を意識して、毎日丁寧に歯みがきをしましょう。歯みがき剤には、フッ素配合のものを使用するとより効果的です。
フッ素はむし歯の発生と進行を防いだり、歯質を強化する働きを持っています。フッ素を含む歯みがき剤を使用すれば、毎日の歯みがきをより効果的に行うことができます。

デンタルフロス・デンタルリンスを使う

歯と歯の間の小さな隙間は歯ブラシでは届きにくい場所です。すみずみまで綺麗にするために、通常の歯みがきの後にはデンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。ブラッシングだけだと除去率が58%であるのに対し、デンタルフロスを使用すると86%まで歯と歯の間の汚れを除去することができます。
仕上げにデンタルリンスでマウスウォッシングをすることで、舌や粘膜、のどなどにも付着した細菌を除去することができ、むし歯や歯周病をよりしっかりと予防できます。

Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved