予防歯科

ホーム>予防歯科
歯の喪失の原因

歯を失う原因は、歯周病とむし歯が圧倒的に多くなっています。

歯を失う原因は、歯周病とむし歯が圧倒的に多くなっています。
歯を失う原因の第1位は歯周病

歯周病は自覚症状のほとんどない病気です。そのため気づいたときには進行してしまっていることが多く、歯を失う原因の第1位になっていると考えられます。現在、日本人成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。歯ぐきがはれている、口臭が気になる、歯を磨くと血がでるなど、思い当たる症状はありませんか?まさか、と思う方も、一度歯科医院で検査を受けることをおすすめいたします。当院では、むし歯や歯周病のなりやすさなどがわかる、「スク検査」を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯を失う原因の第1位は歯周病
歯を失う原因の第2位はむし歯

いちどむし歯になり、一本でも歯を削ったり詰め物をしたりすると、治療した部分からむし歯が再発してしまいやすく、治療を繰り返し、最終的に抜歯することになってしまう場合もあります。そういった悪循環に陥ることを防ぐためにも、歯科医院での定期メインテナンスを受けて予防歯科につとめることをおすすめします。当院では、むし歯や歯周病のなりやすさなどがわかる、「リスク検査」も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯を失う原因の第1位は歯周病
Copyright © おおつぼ歯科クリニックAll Rights Reserved